新着情報

NEWS

インタビュー画像
雑誌に掲載されました!
杉村塗装代表の杉村と女優の宮地真緒さん
との対談形式のインタビュー記事です。

外壁塗装の塗料の種類と選び方


 

今回は、一般的に使用される外壁塗装の塗料についてご紹介します。

それぞれの塗料の特徴を理解し、自分の家に一番合っている物はなにか参考にしてみてくださいね。

 

なぜ塗料には種類があるのか

家に塗る塗料には様々な種類があり、消費者のニーズも多様化しています。
ニーズに合わせた価格帯、耐久性、機能を追求した結果、

現在のように様々な塗料が作られる事になりました。

(成分)着色顔料:水・油・一般溶剤などに溶けない着色または無色の粉末。

(成分)樹脂:硬化して塗膜の主成分となるもの。

    樹脂の種類によって耐候性が変わる。

(成分)添加剤:塗膜を形成する副要素。防カビ、防錆、防腐、凍結防止など様々な機能を塗料に付与する。

(成分)溶剤:樹脂類の希釈の為に配合されるもの。揮発性の為、塗膜にならずに蒸発する。

塗料は、色を付ける顔料、塗料の主成分となり、耐久性を決定する樹脂、

防カビなど様々な機能を付与する添加剤、そしてそれらを溶かす溶剤で作られています。

今回着目していくのは、塗料の主成分となる樹脂の部分です。

 

塗料の種類

 

ウレタン塗料の特徴

ウレタン塗料は、シリコン塗料が一般的になる前に普及していた塗料です。

非常に伸びが良く、独特の光沢があるのが特徴となります。

この塗料は、アクリル樹脂とウレタン樹脂を混合して作られています。

また、樹脂結合力とは樹脂同士が接着しあう力の大きさ、つまり樹脂の強さを示しています。

シリコン塗料が一般的に使用されるようになってからは、外壁面に使用される事が少なくなりました。

現在では、その密着性という特徴を活かして、雨どいに使用される事が多くなります。

・ウレタン塗料のメリットとデメリット
メリットは安価で、経済的、そして、密着性と延びが良い為、施工がしやすい点です。
逆にデメリットとしては他の塗料に比べて耐久性や防汚性に劣る点です。

・ウレタン塗料はこんな方にオススメ!

ウレタン塗料は他の塗料に比べて耐久性に劣りますが、

その密着力を活かして、雨どいや手すりの使用におすすめです。

外壁や屋根の塗装にお金を掛けたいという方には、

雨どいなどの付帯部をお得なウレタン塗料で抑える事で

外壁や屋根にワンランクグレードの高い塗料を検討できますよ。

 

シリコン塗料の特徴

シリコン塗料は、値段と耐久性のバランスがよく、カラーバリエーションも豊富な為

近年で一番スタンダードな塗料になっています。

シリコン塗料はアクリル樹脂とシリコン樹脂を混ぜ合わせて作られています。
特殊な結合を持っており、ウレタン樹脂よりもより強い耐久性があります。

まずまずの耐久性と価格から、コストパフォーマンスが良い塗料でしょう。

・シリコン塗料のメリットとデメリット

シリコン塗料のメリットは、価格と耐久性のバランスが良い点です。

広く使われている為、生産量が多い事も価格を抑える一つの要因です。

また、親水性という特徴をもっている為、ウレタン塗料よりも汚れにくい性質があります。

外壁にホコリなどの汚れがついても、雨水が汚れを包んで一緒に流してくれます。

デメリットは、塗膜の伸び縮みが少ないという点です。

外壁は、地盤の揺れや外気の寒暖差によってひび割れを起こす為

塗膜の伸びは縮みは重要となります。

・シリコン塗料はこんな方におすすめ!

出費を抑えるのならば、価格と耐久性のバランスが良いシリコン塗料は最適でしょう。

カラーバリエーションも豊富な為、比較的手軽に行うことができますよ。

 

今回は、塗料の種類、ウレタン塗料・シリコン塗料の

それぞれの特徴についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

次回は、今回の内容に引き続き、

特殊塗料(高耐久、高機能、高価格帯の塗料)についてご紹介します!

 


静岡県焼津市で外壁塗装や屋根塗装などの住宅塗装なら杉村塗装にお任せ下さい。

会社名:杉村塗装

住所:〒425-0033 静岡県焼津市小川2375

TEL:0120-349-399 
FAX:054-627-3989

営業時間:8:00~19:00

業務内容:住宅塗装、リフォーム

SERVICE AREA

対応エリア

対応エリア

焼津市を中心に藤枝市・静岡市・島田市など近隣の市区町村からのご依頼もお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。

pagetop