新着情報

NEWS

インタビュー画像
雑誌に掲載されました!
杉村塗装代表の杉村と女優の宮地真緒さん
との対談形式のインタビュー記事です。

浴室リフォームの特徴とポイント


 

浴室のタイプと特徴

浴室には、ユニットバスと在来工法というタイプがあり、それにより工事の仕方が変わります。

 

・ユニットバス

ユニットバスとは、浴槽や洗い場などの各パーツを工場で作成し、現場で組み立てるというものになります。

バリエーションが豊富にあり、工事が手軽に行えるのが特徴です!

在来工法よりも工期が短く、費用が安く抑えられることがメリットとなります。

浴室乾燥機、テレビやサウンドシステムといった機能を付けることも可能です。

水漏れしにくい構造なので、二階にお風呂を作りたい時などにも向いているタイプとなります。

ただ、ユニットバスは既にパーツが作られている規格品なので、

天井の高さやお風呂の変形が原因で、設置ができない場合があるので注意が必要です。

また、ヒノキ風呂や埋め込み型の浴槽など、特殊な浴槽を設置することができないので、

浴槽や窓を自由に設計したい場合は、在来工法を選択しましょう!

 

・在来工法

在来工法とは、昔ながらの作り方で、モルタルやタイルなどで仕上げていく工法となります。

お風呂のサイズ、ドアや窓、浴槽の場所や素材などを自由に選択し設計することができるので、

浴室にこだわりたい方におすすめです!

在来工法の場合は工期が長くなり、費用もかかるので、

リフォーム業者としっかり打ち合わせをしたうえで、計画を進めることが大切です。

 

・ハーフユニットバス

ユニットバスから派生した、ハーフユニットバスというタイプとなります。

浴槽と洗い場の床部分のみで、天井部分がないもので、

防水効果が高く、壁・天井は自由に設計できるという特徴があります!

天井が変形している場合でも設置が可能で、天窓を付けたいといった要望にも対応することができますよ。

ハーフユニットバスは、バリエーションが少なく、施工が難しいというデメリットがあるので、

ハーフユニットバスにする場合は、工事に慣れている業者に依頼することがおすすめです。

 

 

浴室リフォームのポイント

毎日使う浴室をリフォームする際は、ポイントを押さえて進めていくことが大切です!

 

・浴槽と洗い場

浴室に必要不可欠なのが浴槽と洗い場です!

浴槽にもさまざまな形・デザイン・大きさがありますが、
浴槽を選ぶ際に特に気をつけてほしいのは大きさとなります。

手足を十分に伸ばすことができるかどうか、浴槽に入ってリラックスできるかどうか確認することが大切です。

また、体を洗う洗い場の大きさも考慮する必要があります。

狭い浴室はリラックスできなくなりますし、

浴槽がリラックスできる大きさだとしても、洗い場が狭ければ不便さを感じてしまいます。

浴室全体の広さをふまえたうえで浴槽と洗い場の大きさを考えるようにしましょう。

 

・ヒートショックなどの安全対策

浴室の事故で多いのがヒートショックです。

ヒートショックは脱衣所と浴室の温度差で発生する事故です。

温度差によって血圧が上昇し倒れる人が多く、特に、高齢者の方に多いので注意が必要です。

ヒートショック対策のために、浴槽の保温性や断熱材の導入、暖房機能など工夫が必要となります。

また、浴室の床をすべりにくい素材にする、浴槽と洗い場の間に手すりを設置する、

出入り口の段差をなくすなど徹底するようにしましょう。

 

・掃除のしやすい浴室

浴室リフォームをする際、掃除のしやすさは大切なポイントです。

水を使うお風呂場はカビが生えやすい場所なので、
こまめに換気をして風通しをよくしていかなければなりません。

抗菌処理や防カビ対策を徹底しているかどうか、お風呂全体が見渡せるかどうかがポイントとなります。

 

 

 

今回は、浴室のタイプや特徴、リフォームのポイントについてご紹介しました。

安全対策や掃除のしやすさなどのポイントを押さえて

毎日使う浴室を快適に使用できるようにリフォームしてみてはいかがでしょうか。

 


静岡県焼津市で外壁塗装や屋根塗装などの住宅塗装なら杉村塗装にお任せ下さい。

会社名:杉村塗装

住所:〒425-0033 静岡県焼津市小川2375

TEL:0120-349-399 
FAX:054-627-3989

営業時間:8:00~19:00

業務内容:住宅塗装、リフォーム

SERVICE AREA

対応エリア

対応エリア

焼津市を中心に藤枝市・静岡市・島田市など近隣の市区町村からのご依頼もお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。

pagetop